Reel to Reel という事は・・・
2012 / 07 / 22 ( Sun )
前回に続きオープンリールデッキについてです。

幸いにも、ReVox B77の2トラックと4トラックを入手できました。 貴重なデッキをお譲りいただいた「プー先生」に感謝申し上げるとともに、「テープ沼」に引きずり込まれてしまった事をチョットだけ後悔していますが・・、やっぱり感謝かな??


左:4トラック  右:2トラック です。

両方とも再生は完璧でしたので、ダビングチェックです。
今回は4トラック=>2トラックに。右の2トラックの録音インジケータが「赤」く光っております。

録音用テープは、ヤフオクで落としたmaxell UD 35-90、当初と言いますか、ダビングとか録音とかは、本当に久しぶりでしたので録音レベルとか全く頭に出てこず、再生したらサチュレーションしている所が合ったりでした。
レベルの調整、ピークの見方等々何度か繰り返して勘所を取り戻したのです。

4トラデッキを揃えるにあたって、テクニクスとかも検討したのですが、やはり「Autographに合う音が出せるデッキ」を「Criteria」としました。
資金がたっぷり有るなら、NAGRA T-AUDIOとかあり?? ですが、そこまでは到底手が出ません。しかし、私には充分に高価なものです。
製造されて数十年経ったデッキですが、整備がチャンとされているので満足な状態で稼働しています。
大切なデッキをお譲りいただきましたので「大切に」使ってゆきたいと思います。

さてさて、ミュージックテープをやっと5本ほど集めました。
その話は次回にしたいと思いますが、探すのはYahooAuctionが主で、市中のお店では全く発見できませんでした(私が探した所に無いだけ??)。
まあ、じっくりゆっくり探して参ります。

--to be continued--

Analog Audio | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ReVox B77 | ホーム | Reel to Reel という事は・・・その2>>
コメント
----

あはは、ついに「テープ沼」にはまってしまったようで、、、ナムナム。
市販音楽テープは当然中古しかありませんが、ヒスノイズが多いものも
しばしばです。こればかりは聴いてみないとわかりませんね。
お互い変な道楽はじめて困ったもんですね。
by: プー博士 * 2012/07/25 15:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

どうもです。
感謝していいらそうでないやら・・・複雑ですすね。
しかし、確かな事は「面白い」という事ですね。今までの人生と、これからの余生(?)を考えるとそちらの方がはるかに短い訳ですから、楽しくって面白い事を選択して集中するのが一番でしょう。

それにしても日本国内のミュージックテープ市場は小さい!! 死蔵されたテープはいっぱい有ると思いますので「燃えないゴミ」ではなく「放出」をしてほしい物です。
それと、eBayがもっと見直になれば(すべて、日本への出荷有り・・・とか・・)品物も入って来てくれます。

気長にやってきます

多謝
by: チェルト * 2012/07/25 23:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/96-8ce5675f
| ホーム |