BTS−21の調整
2009 / 04 / 05 ( Sun )
組み上げたところ、左のスライドデーブルと右のテーブルに1.5ミリほどのギャップがありました。
このままでは、小さな素材のカット時に精度が出ませんのでギャップを取ることにしました
このままだと、短い部材がブレードに近づくと1.5ミリ分、「カタッ」と落ちて精度が出ません。


スライドテーブルを外すと、4つのスライドスペーサーで取り付けられていましたので、これを短くして調整をする事にしました。


当初、上下を逆さにすると丁度よい高さなのでそれを検討しましたが、下部が長くなるために下の部材に当たることが判りました。 で・・上部を1.5ミリ切り取ります。


ダボ切り用ノコで1.5ミリを切ります。


4つの切削面をそろえ仕上がりです


0.5ミリ以下に調整出来ました。これ以上は、ワッシャーを入れて調整します。


スロートプレートとテーブルもギャップがありました。0.5ミリです。


0.5ミリの塩ビかポリプロピレンのシートを挟んで対応する予定ですが、最終的には、新たなスロートプレートを作る事にします。
工具・治具 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<テーブルソーBTS-21の購入 | ホーム | 材料到着>>
コメント
--ブレードの角度調整--

つい最近BTS21を購入し,早速マニュアルを片手にアクセサリーを組立ててみました.その後,アラインメントなどがちゃんとできているかを確認したら,ブレードが0度でも垂直にならず,若干の調整が必要なことが分かりました.マニュアルによるとハンドルの後ろにある,Adjustment boltを緩めて調整せよと書いてあります.ボルトをみると真中に小さな六角形の孔があり,細い六角レンチで緩めなければならないようです.ちょっと回してみたのですが,固くて穴の角が丸くなってしまいそうで,やめました.記事を拝見したところ,非常にお詳しそうなので,どうして緩めればいいのかご教示ねがえれば幸いです.
by: 元田 浩 * 2009/08/10 18:18 * URL [ 編集] | page top↑
--角度調整--

元田さん
始めまして、ブログを見て頂いた有難うございます。
返事が遅くなりましてすみません。

丁度先日ブレード調整をしたところです。その様子をUPしましたのでご覧ください。

あまり時間がなく少しづつですが使いやす様にいじっています。

BT-3100が欲しかったのですが、購入時期を逸してしまい一寸残念ですが、大事に使おうと思っています。

情報交換宜しくお願いします。
by: チェルト * 2009/08/20 16:45 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/9-59411ae0
| ホーム |