最後の作業が・・・・まだ。
2012 / 05 / 03 ( Thu )
連休ですが、最後のチークの桟の加工と取り付けが出来ません(予定ではとっくに完成しているハズなんです)。

連休前にやっと取り扱うお店を探し当てたので見積りを取っています。
さて、いくらで出てくるでしょうか?楽しみです。とりあえず、加工も見積もってもらってます。
あまりにも高価だったら、チークからほかの種類に変更するかもしれません。

で、とりあえず定位置に置いてみました。この状態でもフロントパネルは外せますのでこれからの作業に支障は出ません。

やっとゆっくりソファーに座って聴く事が可能になりました、今「ラフマニノフ、ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18」を聴いています。
リヒテル、ウィーン・ヴィスロッキ(1959) これ、いいですよ!! 


もう少し左右を離したいですが・・・左の本棚取るのも面倒くさいしね・・どうするかはこれから考えます。

こうやってみると、アンプに「見た目」の派手さがありませんね・・でも「音」は、ぴか一です。
とは言うもののプリアンプの作成、パワーアンプの3段化が残っています。

しかし、音が出てしまうとなんだか落ち着いて来ちゃいまして、「音楽を聴きたい!!」の方が先行して来てしまい、手が動かなくなって来ているような気がします。

桟が出来たら、お世話になった方々に一度聴いていただ場を作りたいと思っています。

-eof-
製作その2 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<製作が出来ないのでサブ・サブシステムを聴いてます | ホーム | 仕上げのための加工と組立の準備>>
コメント
--一度聴かせてください--

おお、やっとここまで(拍手)
こちらもあれこれ試しにやっております。
自分で納得できればそれが最高ですね。
by: プー博士 * 2012/05/04 14:29 * URL [ 編集] | page top↑
--ぜひお越し下さい。--

プー先生
場所は、蓼科になります。観光がてら一度起こしください。
そのときは、ちゃぱさんとかもご一緒いただければ良いですね。

チェルト
by: チェルト * 2012/05/04 22:16 * URL [ 編集] | page top↑
--日曜日は楽しみですね--

チェルトさん

ご無沙汰しています。チークの桟が、やっかいですね。しかし、桟が入らないとどこか締まりません。音も、桟が付くと輪郭がはっきりすると思います。家のGRFの桟の埃を拭うだけで音が変わりますから。

我が家のGRFは、デジタルアンプですから、真空管とはまったく違う音がします。その違いを楽しんで下さい。

日曜日にお会いできるのを楽しみにしています。
by: GRFのある部屋 * 2012/06/01 16:25 * URL [ 編集] | page top↑
--お邪魔いたします--

ヒョンな事からお伺いする事になり、またご了解を頂き誠にありがとうございます。
明日は、プー先生とGRFのある家さんのお邪魔虫にならないようにいたしますが、大変楽しみにしておりますので宜しくお願いいたします。

残り後わずかなのですが、なかなか時間が取れず停滞しております。 月曜日にフロントのチーク材を発注して、予定通ならば、来週末は桟の加工をします。
加工までを業者にお願いしようか迷ったのですが、此所まで自作で来ましたので、最後までやり通す事にしました。仕上げは・・・見てのお楽しみとなる事でしょう。

それでは、明日宜しくお願いいたします。

-eof-
by: チェルト * 2012/06/02 15:54 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/86-41b95746
| ホーム |