パワーアンプ
2011 / 10 / 02 ( Sun )
私のAutographをドライブするのは、自作の真空管アンプです。

友人宅におじゃました時に・・・


このアンプを聴かせてもらったのです。
「ぺるけ」さんの、全段差動アンプ(http://www2.famille.ne.jp/~teddy/myamp/myamp.htm)でした。
「??これは私の聴きたい音を出している!」と。
さっそくネットと著作の「情熱の真空管アンプ」を購入して勉強です。
材料は、当然秋葉原に通ってあれこれ物色してそろえたのです。


これが、私の作品。
シャーシは、カタチの物を使いました。 失敗したのは電源スイッチです。
良いと思って買ったのですが、いざ付けてみると、「測定器」って雰囲気になってしまいました。
いずれチャンスを見て取り換えることにします。


シャーシです。
ちょっと凝って、ソケットとかラグ取付のビスが天板に出ないようにしました。 部品配置は、ぺるけさんのをそのまま拝借しました。


加工は、CADで出力した図面(1/1)をスプレーのりではりつけて電動ドリルとジグゾーで行いました。 ホールソーってもう少し切断面がきれいかと思っていたのですが、バリは出るは、真円ではないは、で、ちょっとがっかりしてしまいました。


天板の下はこの様になっています。ここに、ソケットとか、ラグを取り付けています。


配線終了後の「中身」。 中学校以来のアンプ作りでした。 ちょっと雑ですね、本人としては結構出来がよいと思って製作を進めてきたのですが、出来上がりをみて「自信喪失」でした。


初段の球「6SL7」。


「EL34」です。 JJですので安かったです、と言うか安いものを購入したのです。 全段差動のため、マッチドペアである必要はありませんし、ましてやビンテージでもありません。
「Blueに光る」と言われて、「お!!きれいじゃん」と思って買ったのですが、それほどではありませんでした。

え?? 「音」ですか?? それは、それは気に入ってます。 このアンプを、Berkeleyで聴いて、Autgraphの自作を決意したのですからね。

でも、しいて言えば、「もう少しパワーがほしい!!」です。
で、3段化をいたします。
それに、全段差動ライン・プリアンプ(http://www2.famille.ne.jp/~teddy/pre/pre.htm)も作ることにしています。 すでに、シャーシの加工と部品取り付けは終わってます。 

ちなみに、この製作は2008年2月〜で、完成したのは同年5月でした。

-eof-
製作その3 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<突き板到着 | ホーム | 突き板貼りデス>>
コメント
--おやっ!--

見覚えのあるアンプが出て来ましたね。さっそくリビングに復活させて聞いてます。
出力不足は否めませんが、我が家のこじんまりしたDALIで聞くにはぴったりです。
今度はハイパワーにチャレンジですか?
by: ugc * 2011/10/02 10:17 * URL [ 編集] | page top↑
--Re:おやっ!--

どうもです。
無断で登場させてしまいました。
やっぱり2段のPPではちょっとパワーが足りませんですね。
1.三段化
2.プリアンプの追加
の予定です。

Autographの音が出て、次の段階に進む気にやっとなってきました。
この2件をを達成するのに、実4日間でしょうか、その時間がなかなか取れないです。
まあ、秋の夜長を利用して頑張ってみます。

-eof-
by: チェルト * 2011/10/02 13:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/81-6b68ab6f
-
管理人の承認後に表示されます 【2013/12/22 03:54】
| ホーム |