A11、12、13の組立
2010 / 06 / 13 ( Sun )
前回切り出しておいたA11、12、13を組み付けました。仮組立の時に判明していた隙間に関しては、「穴埋め」で対処することに決定です。
あれだけ何度も図面でチェックしていたのに、いざカットをすると寸法違いをしていました。4カ所とも同じ状況なので、間違い有りませんが・・・いったいどこで違ってしまったのでしょうか??


斜めで不安定な位置に有ります。強度的には問題ないのですが接着を確かな物にするために、木ねじで止めました。


上から見たところです。A13でふたをしますので各部材のトップが平面になっていなければなりません。


A13は、低音部が全面に向かう部分を受け持っています。小さな部品ですが、部品精度と組立精度が集結する部分です。


隙間を埋める為の「パテ」を作りました。ノコの「切り屑」に接着材を混ぜて作ったお手製です。


隙間の大きいところは、埋木をしてパテを充填しました。
乾燥したら鉋で平らにします。


下から見るとこんな所にも隙間が有りました。

-TBC-
製作その2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<D01、02、03の加工と仮組 | ホーム | A14、D04、16、11、12、13、14とE01、02、03のカット>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/53-860eab9c
| ホーム |