中央部の仮組み立て
2009 / 11 / 22 ( Sun )
今回の作業の終了時点状態です。
中央のホーン部分以外は、仮置き状態。天版(T02)の水平確認、T01とT02の角のずれもほとんど無い状態となっています。
仮組-1

仮組-2
中央ホーン内部に取り付けてユニット後方にでた低音部を下に反射する為のD05(↑の写真)と下部に設置して前に反射させるD06をいつの時点で組付けるかを悩みましたが、この時に組付ける事にしました。280ミリ幅の部材を280ミリの空間に入れるのですから一苦労です。裏板のD01、D02、D03を意識して(実際には、これらと同等の板を仮置きして位置をだしました)後方部分を固定しました。

仮組-3
今回の成果です。右のエンクロージャーのD05とD06はまだ固定していませんが、中央部分のほとんどの部材を仮置きしました。
何となくこれで全体の雰囲気がつかめます。
さて、さて、これからが本番、こまかい作業になって行きます。

-eof-



製作その2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<T01と中央ホーン部の組立 | ホーム | A7、8,9,10組立(左エンクロージャーのみ)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/38-bd6ec276
| ホーム |