B01の加工とB01,01,03の組立
2009 / 11 / 21 ( Sat )
前回、カットしただけのB01にユニットの入る穴(350Φ)を開け、組立を行います。そのための下準備・・・・


ユニットを取付けるネジ用の「オニメナット」の加工です。板厚(12t)よりナット長が長いので、捨て板に取付けて余分をカットしました。HPD385Aは、4本のボルトで固定されていますので、予備も含めて12個加工しました。

B01墨付け
最終的な穴の大きさチェックです。ユニットのフランジ内径を再チェック、合わせてボルト穴位置もチェックしました。

**注意**
ボルト穴の位置は、正確である必要が有ります。
フランジに開いているボルト穴とボルトに遊びがほとんど有りませんので、1ミリ以上違うとユニットの取り付けが出来なくなります。
A01に取り付けてしまった後では、再調整/加工はできません。


B01を3本のスペーサーの上に置き、それぞれを固定します。
・スペーサーと作業台(木ねじで固定)
・B01の両端(クランプ)
・B01の切り取られる真ん中の「丸部」(木ねじ)
 注)1パス目にこの固定を忘れていましたので2パス目にとめました


1パス目を切り終わった後です。T01の溝と同じですが、一気に1パスでカットすると、面が荒れますので、2パスカットとしました。


カット終了の状態です。

どの様に350Φをカットしたら良いかと思案しました。
・ジグソー
・トリマー(ガイドカット)<=今回のの方法です
・トリマー(テンプレート)

結果・・
・ジグソー
 円切りブレードを使用しましたが、直角に切れませんでした。
・トリマー(テンプレート)
 テンプレートを作るのがめんどくさいのでやめました (^_^;)

で、トライの結果、効率、仕上がり共に良かった今回の方法を選択下次第です。


-eof-
製作その2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<D05,D06とA07〜A10のカット | ホーム | A07の加工>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/34-646daff6
| ホーム |