T1、T2の製作 その2
2009 / 09 / 24 ( Thu )
トリマーによる溝加工です。
この溝の加工が、上部構造の精度を決めますので緊張しますし、トリマー(ルーター)は、高速回転でビットが回りますので取扱には細心の注意が必要です。

まずは、側板(D1,D2,D3)がおさまる部分の周囲の加工です。
これも先日冶具として造りましたトリマーガイドを使います。
このガイドをテンプレートとして使う同厚の板にビットの端が当たる用にオフセットをして固定し、そこにT1を当て、これも固定します。
edge-1
edge-2


トリマーの回転が充分に上がったらゆっくり下ろしガイドに沿って、これまたゆっくり押して行きます。最初の一辺は、1パスで一気に10ミリの溝を掘りました。案の定「切りくずを噛んで切り口が乱れました(押す時の負荷も大きいです)。
edge-3


で横着はやめて、2パスで掘る事にしました。手間は2度掛りますが、仕上がり重視です。ビットを1パス目=5ミリ、2パス目=10ミリと変えて行います。
2pass-1


まずは、4枚とも3辺を加工終了。

-eof-
製作その2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<T1、T2の製作 その1 | ホーム | T1、T2の製作 その3>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/23-5195e529
| ホーム |