木ねじは、何を使うか???
2009 / 08 / 26 ( Wed )
今回の製作にあたって、
・木ねじを何処に使うか?
・使うならどれを使うか?
を考えました。

基本的に材量であるバーチ材(フィンランド産もロシア産も比重はほとんど変わりませんし、硬さも同じです)は、それなりの硬度を持っていますし、合板なので「割れ」を極端に気にする必要がないと判断していますので、やはり・・「細軸コーススレッド」でしょうか。
細軸コーススレッド


細軸、スリム等の表現は有りますが、ホームセンターで手に入るものです。
長さについては、板厚を考えて、
25ミリ
35ミリ
45ミリ
を用意しました。

割れにくいと言ってもかなり部品の端にねじ込むところがありますので、下穴キリは欠かせません。

また、頭がめり込むと積層になている表面が割れを起こしますので、面取りビットも必要です。

これら二つは、特に裏板を止める時に必要と思っています。

ネジ締めは、電動ドリルを使います。作業性を考えてコードレス式が便利です。
十数年に購入したRyobiのコードレスのニッカド電池を入れ替え、修理して使っていたのですが、今回新しくしました。



さて・・道具は揃いました。
あとは、直角に木ねじをねじ込む技術ですね・・、私の場合どうしても自分から見て右に倒れてしまう傾向が強いのでそれを修正しなければなりません。

-eof-
工具・治具 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<CADソフト | ホーム | Autograph(オートグラフ)の図面を公開します(その1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/19-750b54a4
| ホーム |