CADソフト
2009 / 08 / 26 ( Wed )
今回Autographを自作するに当たり、「図面を完成させる」を目標にしました。
所詮Autographは木製なので、金属加工精度は出せません。しかし、図面上でしっかり造っておけば安心です。

当初は、AutoCAD2000LTがありましたのでそれで引きました。
JW-CADも考えたのですが、ソフトとしてのユーザーインターフェースになじめなかったので2000LTを選択。

私の頭の構造と2D-CADでAutographの3次元的な構造を平面で理解し、展開するのに多大な時間を費やした結果、「無料の3D-CAD」は無いものだろうか??と探した結果見つかったのが、GoogleのSketchUp(http://sketchup.google.com/intl/ja/)です。

sketchup_001
2009年8月現在・・
・SketchUp6 日本語版(フリー)
・SketchUp pro 6 日本語版(8時間フリーで試用可、有料)
・SketchUp7 英語版(フリー)
・SketchUp pro 7 英語版(8時間フリーで試用可、有料)
のダウンロードが可能です。

2000LTでは、部品をレイヤーに分けていたのが幸いして、SketchUpにそのままインポートする事が出来ましたので再入力する事も無く2Dデータの検証がすぐ出来ました。
SketchUpの使い方も、WISWIGで理解しやすく、動画での説明もWebの各所に存在しヘルプをあまり使うことなく理解出来ました。

これだけの機能があって「無料」なのです。使わない手は有りません。CADをご検討の方は、ぜひ一度試してみてください。

私がこれから公開する図面データは、この「SketchUp」のデータとなります。

-eof-
図面を引く | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<接着剤の選択 | ホーム | 木ねじは、何を使うか???>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/18-e6dddf5f
| ホーム |