BTS-21のブレード角度調整
2009 / 08 / 19 ( Wed )
今回は、ブレードの角度調整をしました。

テーブルソーの基本である「直角」に切る為です。
購入した状態でもそれなりに直角は出ています、2x4で小屋を作るのには、充分でしょう。
しかし、箱モノを作るときにはそれなりの制度が必要となります。

blade-1
角度調整つまみの上に左右二つの六角ネジが有ります。右が直角、左が45度を調整します。
非常に硬いですが、アーレンキーを挿して少しづつ回します。

blade-2
内側はこのように「まが玉」状の金具があり90度側のストッパーがこれに当たります。
六角ネジに、この「まが玉」が付いていて回す事によってストッパーの当たりがプラス・マイナスされますので角度調整が可能となります。

ただし、六角ネジとBTS-21本体とに「遊び」が有る為に回して行くうちに全体が動いてしまいます(中心がずれます)。
機械加工精度が悪いので、バラしてブッシングやスペーサーで調整をしないと正確な90度には追い込めそうに有りません。

今回の調整で「スコヤ」で見る限り直角なのですが、平板に12ミリのバーチ材を置いて確かめると、300ミリ上で1-2ミリずれる感じまで追い込めました。

このBTS-21というホビーユースのテーブルソーでは、限界があります。
いくらブレードを直角にしても、そもそものテーブルトップば平面ではないのです。
これ以上の制度を追及するなら、テーブルトップを磨き上げるか?
まじめに考えるならコントラクターズソークラスが必要となる事を実感しました。


このように、スライドテーブルを含めて平面では有りません。
まあ、この製品の価格から考えると納得しますし、それ以上の製品だと評価します。

工具・治具 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<図面を書き換えています | ホーム | 図面・・・・完成のつもり・・・>>
コメント
----

精度はそんなものかもしれません。
というか、CAD図面と実際の木では精度が月とすっぽんなのでしょうね。

こちらの方は今日合板を注文しました。
3×6で18mmが2枚、12mmが11枚です。思った以上に安かったので、ランクを上げようかと思ったのですが、どうせ失敗してやり直しがあるだろうと思いそのままにしてきました。
by: ちゃれんじ未来 * 2009/08/21 20:17 * URL [ 編集] | page top↑
--進んでいますね!!--

材料を注文されましたか。
私は、バーチ材を発注して届いた時に「作るんだ」という実感が湧きました。
図面はどうなさいました?ご自分で引かれたのでしょうか?
私の図面は、やっと先週完成しました。当初2Dで、そのあと3Dで整合性を取ったら随分と間違いがあったのと、資料を集めるうちに新しい情報があり、それを修正するのに時間が掛ってしまいました。
私の場合、作業時間が継続して取れない関係もあり、図面上で整合性と制度を追及していますが、CADでの寸法は、木工である今回の製作物にそのままちゃんと持ってゆけませが、少なくとも数字上での矛盾を解決しました。
後は、機械精度と「腕」の問題ですね。

-eof-
by: チェルト * 2009/08/24 09:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jn1akc.dtiblog.com/tb.php/14-f981de7e
| ホーム |