Digital(PC)オーディオ
2012 / 12 / 02 ( Sun )
アナログを中心とした装置を私なりの身の丈で整備していますが、パソコンが離せない状況のなかで、PCオーディをにも興味を持っています。
今流行りの「ハイレゾ」環境にする気持ちはありませんが、もう少し良い音で聴きたいという欲求があり、ぺるけさんのサイトを参考にDACを作ってい見ました(http://www.op316.com/tubes/lpcd/trans-dac.htm)。

製作過程は、ぺるけさんのサイトや先人の方々のサイトをご覧頂くこととしてください。


いきなり完成系です。
バランス、アンバランス出力としました。
DACの安さ(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05369/)が際立っていますが、一式それなりの価格となってしまいます。


裏面のIOです。
IN:ミニUSB
OUT:XLRとRCA
電源は、USB供給なので必要ありません。
RCAの右となりは、バランス/アンバランスの切り替え。


表は、LEDだけ、穴開けて、素子の頭を突っ込んだだけですが、シンプルで良いです。


以前作成した「TA2020-020」を使用したBTLアンプを出力用に使います。
これって、一緒にして小型化させたいです。 まぁ、電源は外になるでしょうね。


音だし確認です。
ソースは、「Appleロスレス」でMACに取りこんだもの。
MehtaのTurandot。
今までは、ACCで取り込み、MACもしくはWindowsの音源をつかってました。
細かいところまで再生出来てます。
スピーカーが8センチなもので、それなりですが、かなり良くなりました・・と言うか、満足ですね。
これを使って、「Autograph」を鳴らしてみます。
さて、どんな感じになるのでしょうかね??
だいたい想像はできます・・・・・ネ!!

-eof-
Digital Audio | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |