Reel to ReelとCD
2012 / 08 / 13 ( Mon )
手に入れたテープと同じマスタから作られたCDが有ります。
「LONDON」ラベルと「DECCA」です。

最初にテープを聴き、「??聴いた事ある感じ」で・・CDを探すと有りました。
ベートーベン:交響曲第6番「田園」
ショルティ指揮、シカゴ交響楽団
1974年9月録音


同じマスタから作られたこの二つを聴いて感じた事は・・・
「Autographには、テープの方が似合ってる」でした。
確かにCDの方が高音部も延びている感じがしました、でも・・チョット固い?
中域から下の包容さは、テープに軍配。 太く安定感のあるReVoxの「音」ですね。
専門家の方の評価は違うかもしれませんが、「私の好み」です。

ぼちぼちと、身の丈に合った音楽を楽しむ事にします。

--to be continued--
Analog Audio | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
Reel to Reel という事は・・・その2
2012 / 08 / 13 ( Mon )
2日ほど前から蓼科に来ています。
譲って頂いたReVox2台と一緒ですが、お供が有りました。
世田谷のKさん宅で開催されている「音楽談笑会」でご一緒させて頂いているMさんから頂いた貴重な1970年代初期のエアチェック7号テープ多数と市販のミュージックテープです。


2台のReVoxのセッティングが完了、手前が2トラ、奥が4トラです。



1972年録音の「吉田拓郎」を聴きながらこのブログを書いてます。
録音は?と聴かれると「????」でしょうか。でもこの時代の音がします。学生時代に一瞬でタイムスリップ。
走馬灯の様に記憶が巡ります。 音楽は、その時代を思い起こさせます、またその頃の自分が感じた「音、色、におい、汗、なみだ・・・・」思い出します。
この頃、私は、拓郎をあまり聴いていません。 もっぱら・・
・かぐや姫
・井上陽水
・浅川マキ
・五輪真弓
ダッタですね。
このテープを頂いたMさん有り難う御座いました。

--to be continued--
Analog Audio | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |