チークの桟加工
2012 / 06 / 23 ( Sat )
梅雨の晴れ間をぬって、最後の加工を開始しました。
あれこれ悩んだ結果ですが、作業は思いの他順調に進んだのです。

まずは、治具のフェザーフェンス作りから・・・


適当な間隔でスリットを入れましたが、本当に目見当ダッタので間隔がバラバラ・・・。
実用本意として容認です。


実際の作業にセットした所。前回アップしたSketchUPの図と比べていただければシミュレーションが有効である事がお解りかと。
この状態で片側傾斜の台形物をカット。
テーブルソーは、便利な反面とても危険です・・・。 細心の注意を払って作業をしましょう。


カット後の木口です。 すべて計算通りに完了。


両側傾斜の台形木口、刃の角度は同じですので上下を逆さにして2面目をカットしました。 治具はそのまま。


板厚20ミリ、右側が他の部材と同じ角度、左は45度でのカットです。 変形五角形も計算通りに出来上がりです。


各ユニット左右の低音ホーン全面に設置される縦の桟は、厚さ17ミリ、部材は20ミリなので3ミリをプレーナーで削ります。 当然、その削り代を見て寸法は計算されてます。


カット終了後の集合写真!! 悩む事が多かった作業ですが、準備とシミュレーションを事前に行う事によって半日作業で完了です。
カット面もブレードの質がとても良かったので、2年にわたる作業中一度も研ぎに出しませんでしたが非常に平面が綺麗に仕上がりました。
チーク材は、カルシュウム(?)を含んでいる為に切削時の刃の消耗が激しいと聞いていましたが、ブレードの高品質が助けてくれる事となりました。

さて、これですべてのカット作業は終了です。
ほんとに終了!! この週末に取り付けまで出来るかは微妙ですが、これで完成までにあと1日となりました。
そうそう・・ホントの最後・・エンブレムの取り付けがありました。

-eof-
製作その3 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |