サランネット張り(貼り?)
2011 / 09 / 18 ( Sun )
今日は、サランネットを貼りました(張りました、どっちかな??)。

以前にブログに書きましたが、オリジナル(もしくはオリジナルに近いもの)は、高価で手が出ませんでしたので、「ユザワヤ」で買った物です(http://jn1akc.dtiblog.com/blog-date-20100204.html)。


床をキレイに拭いて、サランネットを広げ、その上にグリルをのせます。
両端を5センチ〜10センチぐらいのこして切断します。切断は、布用ハサミがベター。


オリジナルの布は、上下左右ともほとんど伸びませんがこの生地は伸びます。
グリルをのせ、重しをのせてその圧力で出来る摩擦で生地を引っぱり。
織り柄を参考に歪まない様に調整します。


取りあえず、片方を止めます。
サランネットを止める方法
1.タッカー(大型のホッチキスの様な物で、ソファーの生地止めに使ってます、http://jn1akc.dtiblog.com/blog-entry-77.html参照)。
2.木ねじ
3.ボンド
試しに、タッカーで止めてみたのですが、バーチ材は固いので途中までしか入らず、最終的には金槌で叩いて押し込めましたが、均一にテンションが掛けられないので柄がなみなみなってしまいました(この8/18日に作業したグリルは張り替えました)。

結局木工ボンドです、タイトボンドで無く通常の酢ビです。 なぜかと言うと、タイトボンドは硬化すると、濃い茶色になってしまいますので、透明になる酢ビ系としました。

指で押し広げたボンドの上に生地をのせ、引っ張りながら(柄が一直線になる様に注意)アイロンで押させます。 アイロンの温度は「低」100度までです。
この写真の様に、グリルと同じ板厚の木端を押当てて作業をすると、生地のズレも少なくてよかったです。


半乾きの状態で余分な生地をカットします。
ボンドが乾いてからだと生地がくっついて剥がれにくくなります。
四辺を同じ様に作業します。


低音部のグリルは、幅が狭いのでチョット気を使いながら作業をするとどうにかなりますが、
フロント部は、そうは行きません。 何せデカいです。

で治具を一つ造りました。
真真ん中あるベニアです。 アップしてみて頂くと解るのですが、端にタッカーが打ち付けてあり、剣山の様にしてあります。
この横一列の針に生地を引っ掛けようと言うのです。
使い方は、
1.両手で左右方向に生地を持って引っ張ります。
2.そのまま横一列の針の上に持って行き
3.それを下におろして針に引っ掛けます。
こうすると、テンションを掛けたままの姿を保持出来るのです。


横剣山を上下二辺に行い、上下方向にもテンションを加える為にそれぞれに重しをのせます。
そして、フロント部のグリルを乗せます。


上下にもテンションが加わっているので、中が凹んだ状態になりますが、この部材はそれなりの重量が有るので、少しづつ中央部から左右に引っ張りだしても自重で保ってくれます。
接着の方法は、低音部グリルの時と同じです。


今日の成果です。
Hmmmm、まあまあでしょう。 多少のゆがみは愛嬌と言う物ですね.

それにしても、なんだか間が抜けています!!
チークの桟のアクセントが無いと、こんな見栄えなのですね。 桟の意匠的価値が解ります。

さてさて残りは・・・・・

1.間の抜けたフォロンとにアクセントを付けるチークの桟制作と取付
  チョット迷ってます。桟はプロに加工をたのもうか・・・・
  なぜって、この加工大変なんです。仕上げ制度を要求しますし、
  手持ちの電動工具で可能か?と・・

2.チークの突き板貼り
です。

先週チークの突き板は発注しました。
本来なら、この3連休はこの突き板貼りの予定でしたが、メーカのプレスが調子悪いとかで来週の出荷となってしまったのです。

あ・と・ひ・と・い・き・・・・

いま、このブログは、「100%自作タンノイ オートグラフ(完成間近)」でモーツァルトの40番、41番を聴きながら書いています。

-eof-
製作その2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |