サランネット貼り
2011 / 08 / 18 ( Thu )
夏休みの3日間の最後の日です。

本日は、お客様がいらっしゃるので朝から部屋のお掃除! 制作も先が見えてきましたし、工具だの、端材だのが部屋中にゴロゴロと有りますのでお片付けです。

お客様は、近くにお住まい(東京から移住され諸先輩)の方で、「音出し」を耳にされ早速その「音」を確かめに来られたのです。
それはさておき・・・


視聴用のセットアップです。

私のメインアンプは、LUXMAN L-530X。
真ん中なの真空管アンプは、「木村さん」設計の全段差動アンプです。
そもそも、このオートグラフを作ろうと思ったのが、このアンプを自作し、バークレーで聴いた事に有ります。

L-530Xより滑らかで、変に低音が強調されていない素直な音を奏でます。
相性はいいですね。

そうそう、それからサランネットを一面だけ貼ってみました。
布には、織りがらが有りますので、まっすぐきれいに貼る練習をする必要がありますので、取りあえず一面はって見ました。
結論「難しい!!」、コレはタッカーだけで止めたのですが、どうしても均等に張れません。

試しに端材を使って「木工ボンド」を使った所結構きれいに張れる事を発見。
経年変化での変色が気になりますが、次回この方法で試してみます。

さて、今回の制作作業は、ここまでです。

残るは、
・チーク材(無垢)の桟をどうするか?
・どのタイプの突き板を使うか?
です。

サランネット貼り・・1日
突き板貼り・・・・・1日
桟加工/取付・・・・2日
あと4日+1日は必要ですね。

8月は今回で終わり、9月に5日間作業日が取れるか?

では・・・・
-EOF-

製作その2 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |