Front Hornの作成 その3
2011 / 04 / 05 ( Tue )
今朝も昨日と同じ寒さでした・・、もう4月だと言うのに・・・

久し振りの作業のために・・・
・作業効率が悪い
・調子があがらない
・細かいところに目が行かない
等々の問題を抱えてしまいました。

このような場合、焦って作業を進めると、もっと重大なミスを犯してしまうと判断して、かなり作業ペースを落としました。
とは言う物の、今日が最終日ですので、確実に作業を行い作業が残ったとしても「それも良し!」と考える事にしました。


昨夜中に新しく図面を出力して準備をしました。
ミスが再度出ないように、C01,C02共に8枚をいっぺんに加工せず、一枚を試し加工として検証した後に全ての部品をカットしました。

今日の作業結果です。
フロントホーン用部材としてカット出来なかったのは、写真中央にあるC01とC02のつなぎ目に使う補強材C06(計8ヶ)です。


「四方転び」となりますので、各辺とも面倒な傾斜カットを必要とします。
フロントホーンは、エンクロージャー正面とユニットを結合する事になりますので精度が必要です。ホーン、ユニット、エンクロージャーが同一線上に配置されます。
今回のカットは、0.5ミリ以下の精度でカットしました。
そのために、「試し切り」<=>「テーブルソーの調整」を何度も行いましたので2種類16枚のカットに5時間ほど費やす結果となってしまいました。

また、補強材も3種類あり角度が重要ですので同様にカットには時間が掛かってしました。


C04,C05を取り付けてみました。 この二つの中心を結ぶ延長線上にユニットの中心がこなければなりません。
また、ここにC01,C02のホーン本体が取り付けられ、それぞれの部材が密着する必要があります。


5ヶ月前の写真と余り変化が有りませんが、次回の作業で一気に完成に近づきます。

フロントホーンが出来上がると、グリル周りとツキ板貼りが残るのみとなりまし、待望の「音出し」が出来ます。

さて、次回は? ゴールデンウィークでしょうか?
3日有れば、音出しまでは行き着けると思っています。

製作その2 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |