新しい図面を公開します。
2011 / 02 / 27 ( Sun )
現在サーバーにアップしている図面は、SketchUp用のみでしたが、最終版(2011/02/27現在)としてSKP、DXFとDWGの図面を作りましたので公開いたします。



注意事項
・CADの正式な教育を受けずに自己流で作図していますので、表現の仕方等が世の中のルールと違うことが有ります事をご了承下さい。
・この図面は、二次公開や販売したりすることは出来ません。
・あくまでも個人の方がAutographを自作される事にのみご使用ください。
・図面の精度は、保証出来かねますのでご使用に際しては、自己責任でお願いします。
・3つのファイルで、数値が違うヶ所があるかもしれませんがご容赦ください。
・矛盾のある数値や、部材の形状がある場合は、ご使用者の方のご判断で修正してください。
・DWGは、AutoCAD LT 2000で作られています。
・DXFは、LTからR14形式で出力してあります。
・SKPは、Ver8を使用しています。
・DWG,DXFは、全部品を一枚のシートに書いてありますので、印刷等は自由に設定してください。

何分作りながら修正をしていますので最終までに修正/訂正が入る可能性があります。 
図面を使用して自作をされる方は、ご自分で整合性の確認をして使ってください。

ダウンロード先:
http://jn1akc.s141.xrea.com/autograph/Autograph_skp_dxf_dwg_01.lzh
↑をキックしてダウンロードしてください。

ご不明な事が有りましたら、BBSのhttp://jn1akc.bbs.fc2.com/ に書き込んで頂ければ結構です。

-eof-
図面を引く | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ツキ板をどうするか??
2011 / 02 / 08 ( Tue )
昨年11月から未だ制作をする時間が取れていない状況です。
「5月の連休には、音だしをしたい!!」という願望はあるもののその通りに成かは、「???」です。
とは言うものの、考える事や準備は一杯有ります。
その一つに「ツキ板」をどうするかです。
天板、底板とハカマの全面は、オリジナルを含めて多くの作品ではチークのツキ板を貼付けています。

五味01
五味康祐氏のオリジナルも同様です。 このAutographには、厚手のツキ板が用いられている事は、画像をアップしてみると解ります。
天板の厚さは18ミリ、一番上の薄い部分がチークのツキ板です。
これから見ると0.3か0.5ミリか解りづらいですが、0.5かな??って感じです。

しかし、どのようなツキ板を使っているのか?
同じ物を日本で入手出来るのだろうか?
という疑問が出てきます。

ツキ板サンプル
検索すると岐阜にある「ツキ板屋(http://tsukiita.shop-pro.jp/?mode=f10)」が出てきました。 0.3ミリに「桂剥き」したチークの裏に和紙を貼って補強し、接着性を上げた物です。
はたしてこれで良いのか??? です。

まずはサンプルを取り寄せることにしました。「ツキ板シートお試しセットC 1,680円(税80円)」を早速注文です。
厚さは0.3ミリの製品の様です、まずは、張り方を勉強する事にしました。

必要面積から計算すると、3x6が2枚必要な事が解りました。
・柾目と板目を組み合わせるか?
・面倒くさいから柾目だけにしようか?
・0.3or0.5ミリどちら??
まずはサンプルで作業性と仕上がりを見てみます。

-eof-
製作の準備 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |