D1、D2および台座の加工、仮組
2010 / 08 / 13 ( Fri )
今日は、どうにか曇り空です。屋外での作業を中心にする事にしました。

昨夜、ネットワークの位置を決めておいたのですが、朝になって気が変わりました。
結局「同じ方向」に向ける事にしたのです。


D1の加工後の状態です。
上部には、持ち運び用に手の入る穴(?)も開けました。 オリジナルとは、チョット形が違いますが、CADで作るのに簡単な形としました。
穴あけには、ジグソーを使っています。 今までと同様に、墨付けはせず、1/1で張り付けた図面の上からカットしました。


この形状は、「同心円」です。 実際に手を入れてみるともっとRが大きい方が良かったです。


台座の仮組です。 各辺の取付けは、やといサネとしています。


3ミリの隙間に、それ用にカットしたバーチ合板を挿入します。


もう少し内側にして、ほぞ穴を深くした方が良かったかもしれません。

これだけだと、100キロ近い本体を支えるのに強度不足が考えられますので、補強材を別途作ります。

-eof-
なぜ?Autograph? | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |