英国からの個人輸入・・今夜到着です。
2010 / 07 / 15 ( Thu )
本日、英国から荷物が着きました。
通関も無事昨日パスして注文から2週間で到着です。

HPD385のコーンは、経年変化でエッジが朽ちてしまうことは良く知られたことです。 私のHPD385Aのエッジは、どういう訳か痛んでいないようです。
しかし、何となく上下で弛みが違う等が見受けられますし、後は時間の問題かと感じています。
巷では、HPDのコーンをGoldのコーンに取り替えている方や、それを行う専門業者もおられるようです。
値段を聞くと、ペアで12万円(+工賃)ぐらいとの事、それを聞いて躊躇していたのですが、あれこれメールを出して調べたらリペアーキットが1ユニット分で177英ポンドとの情報を得ました。
個人輸入は、二十数年前から経験していますし、現在英ポンドも安くなっています。
じゃあ、「実行」です。


2個口ですが、ラッピングでまとめて1個口で来ました。
段ボールには、「TANNOY」がプリントされています、ロゴとしては、現在の物ですね。


ラッピングを取り、「TANNOY」とプリントされている裏を見ると、パーツナンバー等が書かれています。


開けて見ました。 リペアコーン、センターに着けるダストカバー、ダンパー固定用フランジが入っています。

あとは、取り替えるだけですネ!!
分解するのには、一寸勇気が必要かもしれませんが、そこは「DIYer」挑戦をします。
交換の手順や、問題点は、後日ご報告します。



LOCKWOOD AUDIOのINVOICEです。
実は、当初タンノイに直接メールをしました。何回かやりとりをしているうちにこの会社を紹介されたのです。


「輸入許可通知書」、久しぶりに見ました。個人輸入の多くは、国際宅急便や国際郵便で行いますが、今回は、乙仲を通した方式です。


知らなかったのですが、「着払い」が可能なのですね。 ROCKWOOD Audioの担当社に教えてもらいました。

発注から2週間で到着、支払いはカードです。

・177英ポンドx2=354英ポンド
・送料、関税    =14,550円
が今回の費用でした。

費用を抑えた分、自分で作業を行うので当然リスクが伴いますがね・・・・。

-eof-
HPD385 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |