A14、D04、16、11、12、13、14とE01、02、03のカット
2010 / 06 / 13 ( Sun )
フロントホーン以外(グリルも)の部品をカットしました。
これで、梅雨の日でも屋内で作業ができます。


A04、16です。単純な形状なので寸法を間違えないように注意品柄のカットです。


治具を使えば同じ形状をカットするのは楽ですし、精度が出ます。


A14は、各エンクロージャーの左右にあり、低音部を前に押し出す部材です。形状はほとんど台形(ほとんど三角形)です。
カットしているところは、A13に乗っかる部分です。


ただし、D01もしくはD02に接触する部分の角度を出すのにはちょっと苦労しました。


D12のカットは、細長く傾斜のある台形です(D11、13の断面は長方形です)。
フェザーフェンスを用いて位置がずれないように固定して一気にカットします。


切り始めは、押して着るのですが、後半はテーブルソー向こう側に行って、引っ張ります。
これを制作したことによって、フロントグリルの桟自作に自信ができました。


ハカマ部分(E01、02、03)は、21ミリを使います。その継ぎ手部分は、上部構造の役90キロを受け止めるために「雇い核留め(やといさねとめ)」を採用しました。


位置を正確にするために、部材を固定する治具を使ってのカットです。

これで、フロントホーン以外の部材は、全てカットしまし。

-TBC-
製作その2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
A11、12、13の組立
2010 / 06 / 13 ( Sun )
前回切り出しておいたA11、12、13を組み付けました。仮組立の時に判明していた隙間に関しては、「穴埋め」で対処することに決定です。
あれだけ何度も図面でチェックしていたのに、いざカットをすると寸法違いをしていました。4カ所とも同じ状況なので、間違い有りませんが・・・いったいどこで違ってしまったのでしょうか??


斜めで不安定な位置に有ります。強度的には問題ないのですが接着を確かな物にするために、木ねじで止めました。


上から見たところです。A13でふたをしますので各部材のトップが平面になっていなければなりません。


A13は、低音部が全面に向かう部分を受け持っています。小さな部品ですが、部品精度と組立精度が集結する部分です。


隙間を埋める為の「パテ」を作りました。ノコの「切り屑」に接着材を混ぜて作ったお手製です。


隙間の大きいところは、埋木をしてパテを充填しました。
乾燥したら鉋で平らにします。


下から見るとこんな所にも隙間が有りました。

-TBC-
製作その2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |