T1、T2の製作 その4
2009 / 09 / 24 ( Thu )
さて・・T1,T2での最後の加工です。
溝のエンドを直角にします。
使用したのは、手持ちのノミ種類(6ミリ、12ミリ、24ミリ)で、一番頻度の高かったのは、6ミリでした。
多少大型のカッターナイフを使いましたが、小刀の方が良いでしょう。
ノミ-1


端材を利用して確認しながら作業をしました。
ノミー2


ピッタリと決まると気持ちが良い物です。
ノミー3


T1、T2各2枚共完成です。
T1T2-1


t1t2-2


全ての寸法を1/2ミリ以内に収めました。
溝の幅12ミリ、深さ10ミリですが、接着材の事を考えるとほんの少し(0.1-0.2ミリ)の遊びが有った様が良いのか?チョット疑問が残ります。
まあ、この疑問も次の工程でA1から始まる中央のホーン部を製作して行けば判明しますね。

さて、次は、A1の切出しですが、何時出来るかな???

-eof-
製作その2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
T1、T2の製作 その3
2009 / 09 / 24 ( Thu )
溝掘りその2です。
今度は、端ではなく板の内となります。
トリマーガイドに使用する12Φストレートビット用テンプレートを使って位置を正確に押さえてクランプで固定します。
guide-1

guide-2


後は、同様に2パスで掘りますが、勢い余って(トリマーは、自らの回転の為に勝手に進んでゆく性質が有ります)削りすぎないように両手でトレーマーを制御して行います。
inside-1


全て(4枚とも)掘るの、5時間程掛りました。まあ、冶具調整、2パスの作業、位置確認、途中計測・・等々と、横着をせずにしましたのでしょうが有りませんですね。
inside-2


この段階では、溝のエンドが、ビット形状となっています。
最後の加工は、ノミを使って直線にします。

-eof-
製作その2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
T1、T2の製作 その2
2009 / 09 / 24 ( Thu )
トリマーによる溝加工です。
この溝の加工が、上部構造の精度を決めますので緊張しますし、トリマー(ルーター)は、高速回転でビットが回りますので取扱には細心の注意が必要です。

まずは、側板(D1,D2,D3)がおさまる部分の周囲の加工です。
これも先日冶具として造りましたトリマーガイドを使います。
このガイドをテンプレートとして使う同厚の板にビットの端が当たる用にオフセットをして固定し、そこにT1を当て、これも固定します。
edge-1
edge-2


トリマーの回転が充分に上がったらゆっくり下ろしガイドに沿って、これまたゆっくり押して行きます。最初の一辺は、1パスで一気に10ミリの溝を掘りました。案の定「切りくずを噛んで切り口が乱れました(押す時の負荷も大きいです)。
edge-3


で横着はやめて、2パスで掘る事にしました。手間は2度掛りますが、仕上がり重視です。ビットを1パス目=5ミリ、2パス目=10ミリと変えて行います。
2pass-1


まずは、4枚とも3辺を加工終了。

-eof-
製作その2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |