Autograph(オートグラフ)の図面を公開します(その2)
2009 / 08 / 31 ( Mon )
図面を公開いたします、以下からダウンロー可能です。
なお以下の注意点をご理解の上ご使用下さい。

・図面は、個人的に作成したものです、図面の精度、数値等の図面内情報については責任は負いかねますので(見つかっていない不具合も有るでしょう・・・)、自己責任でご使用下さい
・図面(図面データ)は、個人的にAutoGraphを製作される方のみご使用ください(企業等としてのご使用はご遠慮ください)
・図面は、GoogleのSketchUp6無料版(http://sketchup.google.com/intl/ja/)で作成されています。
・ご自分のWebやホームページにデータの掲載をご希望される方は、ご一報(掲示板に書き込みをお願いします)頂くと嬉です
・ 質問等は、本ブログのLinkにある「自作Autograph関連のBBS(書き込み可能です) 」(http://jn1akc.bbs.fc2.com/)に書き込みください


図面のダウンロード
以下のURLから自動ダウンロード可能です。

http://jn1akc.s141.xrea.com/autograph/autpgraph_001.skp

-eof-
図面を引く | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Autograph(オートグラフ)の図面を公開します(その1)
2009 / 08 / 31 ( Mon )
図面化過程をご紹介します。

・2008年7月 AutoCad2000LTで図面化開始
 Cadソフトを使うこと自身が初めてでしたので、「CADの使い方」から勉強でした
・2008年8月 参考としている「別冊fmファン」で既に自作をされている「K氏」をご紹介頂き、図面の矛盾点などについてアドバイスを頂きました。
・2008年12月 矛盾点の修正等でこの間、3度図面を書きなおしました
・2009年2月 図面ほぼ完成と断定し、材料の選択と発注
・2009年4月 材用のプレカット開始
・2009年4月 既に図面化をされ、Webで公開されている「むらった(http://myurata.hp.infoseek.co.jp/en/)」さんと図面の意見交換を始めました
・2009年4月 探していたフリーで使用出来る三次元CADである「Googleの「Google SketchUp 6(無料版)」」を入手し二次元図面を三次元に取り込み、精度の確認を行いました。
・2009年5月 三次元で確認をすると矛盾が新たに発見され修正開始です
・2009年6月 信州安曇野でAutograohを自作されている萬羽さんの「ばんCRAFT研究室(http://www10.plala.or.jp/bam-craft/)」で萬羽さんご自作のAutoGraphを試聴させて頂きまた、図面と製作について意見交換をいたしました。
・2009年7月 ホーン部分の設計をよりオリジナルに近づけるために、大きく設計の見直しを始めました
・2009年8月 フロントグリル、補強コマを図面に追加
この時点でほぼ最終系と判断し、「完成図面」としました。

-eof-
図面を引く | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
木ねじは、何を使うか???
2009 / 08 / 26 ( Wed )
今回の製作にあたって、
・木ねじを何処に使うか?
・使うならどれを使うか?
を考えました。

基本的に材量であるバーチ材(フィンランド産もロシア産も比重はほとんど変わりませんし、硬さも同じです)は、それなりの硬度を持っていますし、合板なので「割れ」を極端に気にする必要がないと判断していますので、やはり・・「細軸コーススレッド」でしょうか。
細軸コーススレッド


細軸、スリム等の表現は有りますが、ホームセンターで手に入るものです。
長さについては、板厚を考えて、
25ミリ
35ミリ
45ミリ
を用意しました。

割れにくいと言ってもかなり部品の端にねじ込むところがありますので、下穴キリは欠かせません。

また、頭がめり込むと積層になている表面が割れを起こしますので、面取りビットも必要です。

これら二つは、特に裏板を止める時に必要と思っています。

ネジ締めは、電動ドリルを使います。作業性を考えてコードレス式が便利です。
十数年に購入したRyobiのコードレスのニッカド電池を入れ替え、修理して使っていたのですが、今回新しくしました。



さて・・道具は揃いました。
あとは、直角に木ねじをねじ込む技術ですね・・、私の場合どうしても自分から見て右に倒れてしまう傾向が強いのでそれを修正しなければなりません。

-eof-
工具・治具 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
CADソフト
2009 / 08 / 26 ( Wed )
今回Autographを自作するに当たり、「図面を完成させる」を目標にしました。
所詮Autographは木製なので、金属加工精度は出せません。しかし、図面上でしっかり造っておけば安心です。

当初は、AutoCAD2000LTがありましたのでそれで引きました。
JW-CADも考えたのですが、ソフトとしてのユーザーインターフェースになじめなかったので2000LTを選択。

私の頭の構造と2D-CADでAutographの3次元的な構造を平面で理解し、展開するのに多大な時間を費やした結果、「無料の3D-CAD」は無いものだろうか??と探した結果見つかったのが、GoogleのSketchUp(http://sketchup.google.com/intl/ja/)です。

sketchup_001
2009年8月現在・・
・SketchUp6 日本語版(フリー)
・SketchUp pro 6 日本語版(8時間フリーで試用可、有料)
・SketchUp7 英語版(フリー)
・SketchUp pro 7 英語版(8時間フリーで試用可、有料)
のダウンロードが可能です。

2000LTでは、部品をレイヤーに分けていたのが幸いして、SketchUpにそのままインポートする事が出来ましたので再入力する事も無く2Dデータの検証がすぐ出来ました。
SketchUpの使い方も、WISWIGで理解しやすく、動画での説明もWebの各所に存在しヘルプをあまり使うことなく理解出来ました。

これだけの機能があって「無料」なのです。使わない手は有りません。CADをご検討の方は、ぜひ一度試してみてください。

私がこれから公開する図面データは、この「SketchUp」のデータとなります。

-eof-
図面を引く | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
接着剤の選択
2009 / 08 / 26 ( Wed )
titebond


木材の接着には、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂エマルジョン系接着剤)が通常使われます。
さて、AutoGraphには、何が良いのでしょうか?
AutoGraphミレニアムバージョンは、エポキシ接着材が使われいると言われていますが、価格、作業性を考えるとチョット引いてしまいます。
木工ボンドは、使いやすいのですが、硬化した後も、ビニルの柔らかさが残ってしまいますので、サンディング等を考えると他を探したくなります。
そこで米国製ですが「Titebond」なるものがあります。
このボンドは、硬く硬化しますのでサンディングした後も綺麗に仕上げる事が可能で、私は、模型飛行機(ラジコン)製作時に使ってた関係、これを使います。
「Titebond(タイトボンド)」と言っても種類が幾つかありますが、私はは、靴鯀択しました。

使用条件としては・・・
・作業時間は8分
・30分保持
・24時間硬化
と制限があり、特に作業時間が長くないので、手際良くする必要があります。

1ガロンを2瓶購入しました。
作業性を考えると、一番小さい16オンスチューブ(瓶)で直接接着面に塗るのが良いと思います。
私の場合は、刷毛やブラシでぬる事になります。

効率よく塗る為に何を使うと一番良いかで一寸頭の体操をしています。

-eof-
製作の準備 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ