新Blogへ移行しました。
2013 / 12 / 10 ( Tue )
とりあえず「http://blog.livedoor.jp/ngc1952/」にここのブログにあるデータを移行しましたので、今後ともよろしくお願いいたします。

「無料」で広告の出ないBlogということで「dtiblog」を使っていたのですが、それが仇で閉鎖になってしまったのでしょうね。

100%では有りませんが、移行しましたのでデータ、記事、写真の保護は出来ました。

これからもご支援宜しくお願いいたします。

-eof-
なぜ?Autograph? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本Blog終了について
2013 / 12 / 10 ( Tue )
このブログを開設している無料のdtiblogがこの12月の17日をもって閉鎖となってしまう旨の連絡を受けていたのを知らずにいました。 もう後が有りませんのでとりあえずデータのバックアップを取りました。
で、17日移行はアクセス出来なくなることをご了承いただきたいと存じます。
その時までに間に合えば新しいブログサイトに移行しますが、間に合わなければ追って新しく立ち上げます。
このブログを立ち上げたのは、オートグラフの自作を考えている方に私の経験をご覧頂くためと、私自身の備忘録と思って作りました。
なんとなく中途半端になっていることを心苦しく思っております(最後のまとめがないのです)が、そう遠くない将来に期待したいと思っています。

「http://blog.livedoor.jp/ngc1952/」のブログも有りますのでご覧いただければと思いますが、最新が2011.11.19です・・・・orz

これからも少しづつタンノイのことや、アンプについて書ければと思っておりますのでご支援のほど宜しくお願いいたします。

-eof-
なぜ?Autograph? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブログのアクセスログ
2012 / 07 / 11 ( Wed )
このブログのアクセスログです。
Autographの完成をアップロードした翌日の日曜には、今まで経験をした事の無いアクセスを頂きました。
ユニークで131アクセスでした。 私の備忘録的なブログですが、多くの方がご覧頂いていた事に感謝です。

本来の目的である、「製造工程をすべてご覧頂く」は、完成をもってその第一章を終わりますが、これからも音楽に関する「私的な想い」を続けてゆきたいと思います。

まだ、今回のAutograph制作のまとめがまだですので、これから何回かに分けてアップしたいと思っております。

これからも皆様のご支援とご指導をお願いいたします。



-eof-
なぜ?Autograph? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Corner G.R.F・・・
2012 / 07 / 01 ( Sun )
先日縁あって、「GRFのある部屋」さん宅にお邪魔する機会がありました。 私とは次元の違う「音楽」を聴いて刺激を受けたと言うより「感動」を戴いた次第です。

ご推奨されるシステムで「Corner GRF」を聴き、「Autograph」とは全く違う音(音楽)に衝撃をうけました。

そこで・・・、とりあえず図面を起こしました。
Autographの図面を作ったときのノウハウがありましたので1日で完成です。


図面を作っていて感じたのは、「低域」でしょうか。 Autographより引き締まった音が出る様に感じています。 これは、「GRFのある部屋」さん宅で聴いた感覚も含まれています。
しかし、Input系システムがあまりにも私のシステムとは違いますので、同じ音が出るとは思いませんが・・・。

部品点数も少なく、構造も簡単(微調整を必要としない)な構造なので、Autographの1/3程度の工数で仕上がりそうです。

さて・・・どうするか??
今回はユニットがありませんのでその心配もあります。

まぁ、これからノンビリ考えてゆきます。

-eof-

なぜ?Autograph? | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
製作が出来ないのでサブ・サブシステムを聴いてます
2012 / 02 / 11 ( Sat )
昨年の11月から製作のための日程が取れませんので、音楽を聴いています(なんか変な表現ですね)。

AmazonでCD3枚購入、注文した翌午前中に到着、なんて早いんでしょう!!







まだしっかりと聴いていません、とりあえずiTune経由iPodに取り込みました。
WALTERの6番には期待をしているのですがね・・・。

感想はもう少し後で・・・。

-eof-
なぜ?Autograph? | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ