新Blogへ移行しました。
2013 / 12 / 10 ( Tue )
とりあえず「http://blog.livedoor.jp/ngc1952/」にここのブログにあるデータを移行しましたので、今後ともよろしくお願いいたします。

「無料」で広告の出ないBlogということで「dtiblog」を使っていたのですが、それが仇で閉鎖になってしまったのでしょうね。

100%では有りませんが、移行しましたのでデータ、記事、写真の保護は出来ました。

これからもご支援宜しくお願いいたします。

-eof-
なぜ?Autograph? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本Blog終了について
2013 / 12 / 10 ( Tue )
このブログを開設している無料のdtiblogがこの12月の17日をもって閉鎖となってしまう旨の連絡を受けていたのを知らずにいました。 もう後が有りませんのでとりあえずデータのバックアップを取りました。
で、17日移行はアクセス出来なくなることをご了承いただきたいと存じます。
その時までに間に合えば新しいブログサイトに移行しますが、間に合わなければ追って新しく立ち上げます。
このブログを立ち上げたのは、オートグラフの自作を考えている方に私の経験をご覧頂くためと、私自身の備忘録と思って作りました。
なんとなく中途半端になっていることを心苦しく思っております(最後のまとめがないのです)が、そう遠くない将来に期待したいと思っています。

「http://blog.livedoor.jp/ngc1952/」のブログも有りますのでご覧いただければと思いますが、最新が2011.11.19です・・・・orz

これからも少しづつタンノイのことや、アンプについて書ければと思っておりますのでご支援のほど宜しくお願いいたします。

-eof-
なぜ?Autograph? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バッハ無伴奏チェロ組曲
2013 / 02 / 11 ( Mon )
友人が昨年プロデュースしてCD化した「吉井健太郎」さんの「バッハ無伴奏チェロ組曲」です。

吉井さん事をご存知の方は多いと思いますのでご本人の紹介は省かせてもらいます。
AMAZON等流通では扱ってませんので、ご興味の有る方は、メディアチャパ(http://www.mediachapa.com/cdfeliz201206.htm)に連絡を取ってください。


録音は、山口・宇部の「FELIZ教会」とてもライブな環境での録音ですが、きれいにまとめられており、心地よい残響音を残しています。
演奏も、「ゆったり」としており奥深いところから艶のある音色で感情豊かに表現されています。
そしてスタジオ録音では到底録れない豊かさがあります。


非常にプライベートな関係での録音ですので、アーティストとエンジニアと言う関係では無く、友情と信頼関係で成り立っているため、心地よい演奏となっているのでしょう。

久しぶりに心地よい感動を得ました。
チャパさんありがとう。

-eof-
音楽 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
Reel to Reel TAPE
2013 / 02 / 09 ( Sat )
年末にあれこれあり、なかなか時間が取れず今日が今年初めての更新となりました。

あれこれあったものの、eBayでテープを落札した物が届きました。
一本一本落札するのも面倒なので、まとめて出品されている物を狙っておりました。
今回は36本まとめて・・・、です。
いままで何度かeBayでテープを落札したのですが、其のうちのいくつかは、頭切れがあったり、どう聴いてもオリジナルではなく、コピー物(テープが)もありました。
今回は、36本まとめてですのでどれほど歩留まりか?? 心配でもあり、楽しみでもあります。


落札から1週間ほどで到着です。
まぁ、アメリカからの発送なので梱包がいい加減であることは予想してましたが、やはりそうでした。


開けてみました、つぶれているようなものは無いようですが、各箱の状態はそれほど良くないように見れます。
箱もそれなりに重要ですが、やはりテープの状態ですね。

これからぼちぼちと聴いてゆきます。
聴いた感想は、これから報告いたします。

ちなみに単価は送料込で10ドル以下で済みました。 日本での取引と比べたらその差は歴然としていますが、リスクは高くなります。

さてと・・・どれから聴くかな??

-eof-
Analog Audio | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Digital(PC)オーディオ
2012 / 12 / 02 ( Sun )
アナログを中心とした装置を私なりの身の丈で整備していますが、パソコンが離せない状況のなかで、PCオーディをにも興味を持っています。
今流行りの「ハイレゾ」環境にする気持ちはありませんが、もう少し良い音で聴きたいという欲求があり、ぺるけさんのサイトを参考にDACを作ってい見ました(http://www.op316.com/tubes/lpcd/trans-dac.htm)。

製作過程は、ぺるけさんのサイトや先人の方々のサイトをご覧頂くこととしてください。


いきなり完成系です。
バランス、アンバランス出力としました。
DACの安さ(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05369/)が際立っていますが、一式それなりの価格となってしまいます。


裏面のIOです。
IN:ミニUSB
OUT:XLRとRCA
電源は、USB供給なので必要ありません。
RCAの右となりは、バランス/アンバランスの切り替え。


表は、LEDだけ、穴開けて、素子の頭を突っ込んだだけですが、シンプルで良いです。


以前作成した「TA2020-020」を使用したBTLアンプを出力用に使います。
これって、一緒にして小型化させたいです。 まぁ、電源は外になるでしょうね。


音だし確認です。
ソースは、「Appleロスレス」でMACに取りこんだもの。
MehtaのTurandot。
今までは、ACCで取り込み、MACもしくはWindowsの音源をつかってました。
細かいところまで再生出来てます。
スピーカーが8センチなもので、それなりですが、かなり良くなりました・・と言うか、満足ですね。
これを使って、「Autograph」を鳴らしてみます。
さて、どんな感じになるのでしょうかね??
だいたい想像はできます・・・・・ネ!!

-eof-
Digital Audio | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ